がんとは

Sapporo City General Hospital.

 

がんとは自分自身の体の中の細胞が突然変異した
もので、簡単に言うと細胞の欠陥が原因でおこります。

 

細胞は、基本的に細胞分裂できる回数が
きまっていて、最終的には死んでしまいます。

 

だから人間には寿命があるんですね。

 

ただ、そんな細胞分裂のルールの中で一部の細胞が
なんらかの原因(不摂生や紫外線 etc...)によって、
死なずに無限増殖し続ける不良品の欠陥の細胞が
生まれてきます。

 

人間の体の中には、こういった細胞の不良品を破壊する
細胞もあるのですが、その機能が低下したり、破壊でき
ないくらい不良品が増えてしまって収集がつかない状態
のことをがんといいます。

 

 

がんは毎日体の中で生まれている

このような不良細胞は、実はどんなに健康な
人の体の中にも毎日うまれ続けてます

 

「嘘!でも、いま自分は健康だよ?」

 

と思うかもしれませんがこれは体の免疫機能が、ちゃんと
機能していて、そういった欠陥の細胞を壊してくれるからです。

 

ただ、この「いたちごっこ」というか、均衡が
崩れた場合にがんになってしまうのです。

 

 

がんの原因は?

上で言った「均衡が崩れる」場合のパターンはだいたいこれです。

 

1:がん細胞を壊す機能の低下 (例:運動不足、食事の偏り etc...)
2:がん細胞の増殖量の増加(例:放射線、発がん物質の摂取、 etc...)
3:がん細胞の蓄積
4:元から、がん細胞を壊す機能が低い場合
5:元から、がん細胞に変わりやす遺伝的な要因がある

 

1と2はなんとなくわかると思うのですが、
3と4はちょっとピンとこないですよね。

 

3は、その毎日生まれているがん細胞がちょっとずつ体に
溜まっていって、結果的にがんになってしまうということです。

 

がんが生活習慣病と言われる理由です。

 

そして4と5。これは遺伝的なもので、ある
特定のがん細胞を壊す機能が生まれつき弱い
特定の部位が、がん細胞に変化しやすいという
体質の方がいます。

 

これが、がん家系の人ということです。

 

もちろん、そいう特徴があるだけで
がんを発症しない人もいますが、
がんになりやすくはありますよね。

 

 

ここまで説明した通り

ここまで書いたのを見ればわかると思いますが、
誰でもがんにかかる可能性があります。

 

そして、日々の生活習慣の見直し検査によって
事前に対策することでがんを予防できるというものわかる
と思います。

 

癌は、早期発見することで、治癒率が飛躍的にあがります。

 

がん家系の人も、事前に遺伝子検査をして自分が
どの癌にかかりやすいかを知っておいたり、
定期的に検査をして癌を早期発見することが
すごく大事なんです。

 


にほんブログ村 健康ブログ 病気予防へ

がんとは?関連ページ

日本人が癌にかかる確率 -2人1人が癌になる-
現在日本人の2人に1人ががんになると言われています。がんは生活習慣病に一種です。不摂生や運動不足が、がんの元になってしまいます。がんにかからないために、また、がんにかかっても早期に気付くことが非常に大切になってきます。このサイトでは、がん予防のための対策や、気をつけておくべき初期症状や検査の重要性について説明していきます。
日本人が癌で死ぬ確率 -3人に1人が癌で死ぬ-
現在は3人に1人が癌で死ぬと言われています。しかし、それは数字のトリックで、意外と「本当の死亡率」は違ったりします。とはいっても日本人が癌になりやすいというのは事実。その辺をまとめてみました。
がんは遺伝するか?
よく、「私は癌家系だから・・・」という方がいらっしゃいますが、実際に癌というのは遺伝するのか。実際に遺伝はしますが、遺伝以外の要因で癌になる可能性の方がはるかに高いです。ここでは、癌と遺伝について説明していきます。
がんはキスなどで移るのか?
「がんは、キスなど、空気感染するんでしょうか?」という質問は結構多くて、誤解されがちな病気なのです。癌は、基本的には当人の体の中でしか生きることはできないので移らないのですが、癌を引き起こす病原菌というのは存在します。それも含めてまとめてみました。