痛みが尋常じゃない末期がんの激痛の原因が明らかに

 

福岡の癌研究のチームが、末期がんの激痛の原因を突き止めました!

 

なんでも、ケモカインというタンパク質の一種で、その中の
一つである「CCL―1」というものが体内に増えると痛みを
伴うそうです。

 

マウスでの実験では


マウスの座骨神経を縛って激痛を再現したところ、脊髄のCCL―1が通常の2倍に増加した。
また、正常なマウスの脊髄にCCL―1を注射すると、通常は激痛を感じた時に示す動作を、
少しの刺激でも見せるようになった。

 

 一方、CCL―1の働きを妨げる物質をあらかじめ注射して
おくと、激痛を感じなくなる予防効果があることも確認した。

 

というような結果がでたそうです。

 

私の母は、モルヒネ投与によって暴れてしまったので
睡眠薬を投与して眠らされていたので、痛がる姿を
みることはありませんでした。

 

ただ、聞いた話では、その痛がる姿は
本当に見るに堪えないそうです。

 

少しずつではありますが、こういう新たな発見が
あるというのは嬉しいものですね。

 

いつか、癌が治る病気になってほしいなと願ってます。

 

 

 


にほんブログ村 健康ブログ 病気予防へ

痛みが尋常じゃない末期がんの激痛の原因が明らかに関連ページ

子宮頸がんワクチンの重い副作用とその真実
子宮頸がんのワクチンには実は非常に重い副作用があることが発覚しました。原因や症状、その真実について調べてみました。実は、日本では予防接種が始まってからこの副作用が出ている方が多発しているにもかかわらず、メディアに取り上げられたのは非常に遅かったのです。