乳がんとは 〜その原因と症状 その1〜

 

ここでは乳がんについて書いていこうと思います。

 

ちなみにですが、
私は、母を乳がんで亡くしています。

 

それまでは、癌や死というものは自分のどこか遠くにある
関係ないことのように感じていました。

 

でも、それって全然違うんですね。
勘違い。

 

「人って、こんなに簡単に死んでしまうんだ・・・」
そう思ったことを覚えています。

 

身近な人の死と、他人の死いうのは、
どうしてこうも違う感覚になるんでしょうね・・・。

 

とまぁ、話がズレてしまいましたが、
話を戻して乳がんについて書いて
いきます。

 

 

 

乳がんとは

「そもそも乳がんってどんなものなの?」
「どういう種類があるの?」

 

というのが気になるところですよね。

 

乳がんとは悪性腫瘍(がん)が胸に出来た状態ですが、
「そもそも悪性腫瘍ってなによ?」という方はこちらを
見てみて下さい ⇒ がんとは

 

 

で、これを踏まえたうえで
乳がんには主に2種類あります

 

浸潤がん非浸潤がんです。

 

これはどう違うかというと、
要は胸の中にとどまっているか、
とどまっていないかの違いです。

 

胸の中にとどまっているのは非浸潤がん、
リンパなどに乗って、体中に移動してしまった
ものを非浸潤がんと言うそうです。

 

 

 

乳がんの発症率は年々増えている

乳がんは、非常に見つけやすい癌の
はずなのに手遅れで亡くなる方が
後をたちません

 

女性がかかる癌の第一位であもあるのですが
自分で触診すれば、その前兆に気づくことができるのに、
なかなか気づくことが出来ません。。

 

現状では、2005年の乳がんの死亡率が
1万人を超えてから、現在まで1万人を
割っていません。

 

そう

 

一番最初に言ったように、
「自分は関係ないけどね┐(´д`)┌」
というものではないんです。

 

老若男女関係なく、体には日々ガン細胞が
できては免疫細胞に殺されています

 

それでも自分には関係ないと思えいますか?

 

そのガンの増減のバランスが
いつ崩れるかは誰にもわからないです。

 

まずは知ることが大事ですね。

 

 

ということで、次回は乳がんになる
原因について書いて行こうと思います。

 

 


にほんブログ村 健康ブログ 病気予防へ

乳がんとは 〜その原因と症状〜関連ページ

乳がんとは 〜その原因と症状 その2〜
女性特有のがんである、乳がんは実は女性が最もなりやすいがんでもあります。まずは、乳がんにならないために何をしていけばいいのか、何を気をつければいいのかについて書いていきます。