日光浴・紫外線のデメリットとは

うつむく猫

 

前記事で概要を書きましたが、まずは日光浴に
どんなデメリットがあるのかを書いていきます。

 

主に考えられるデメリットは以下の通りです。
・皮膚がん
・白内障
・皮膚にダメージを与えて老化を早める
・シミ、ソバカスを増やす

 

 

 

皮膚がん:デメリット1

癌は、遺伝子の異常によって起こりますが、紫外線を
受けることで、皮膚の遺伝子が傷つけられます。

 

もちろん傷ついた遺伝子は修復されるのですが、大量の紫外線を浴びて、
多量の傷ができた場合には、遺伝子の傷が治らなかったり、遺伝子の
修復が上手くいかなかったりするのですが、それが皮膚がんの原因なるます。

 

オゾン層の破壊により、紫外線が
強くなってきていると言われています。

 

怖いですね。

 

 

 

白内障:デメリット2

まず、白内障とはこの画像のように眼球が
白く濁ることによって視力が低下するという
病気です。

 

水晶体で吸収される長年紫外線を浴び続けると
水晶体のたんぱく質に変化が起こり濁ってしまう
んです。

 

老人がなりやすいというのは、こういった理由ですが、
紫外線を浴びすぎれば、若いうちから発症してしまう
可能性もあります。

 

 

 

皮膚にダメージを与えて老化を早める:デメリット3

光の老化は、紫外線を浴びた時間と強さに比例するといわれています。

 

顔や手のように直接紫外線を浴びることが多い肌の
老化原因の約8割は光老化にあるといわれているほどです。

 

画像でみると全然違いますね。

 

この画像は、トラックドライバーの方ですが、左に光を
浴び続けることで、左右で見た目が全然違くなっています。

 

参照記事

 

 

 

シミ、ソバカスを増やす:デメリット4

肌に紫外線を浴びると、皮膚はメラニン色素を
生成して紫外線から皮膚を守ります。

 

増えたメラニンは、紫外線を浴びる機会が少なくなれ
ば減っていくのですが、継続的に紫外線に浴び続ける
ことでメラニンが生成され続け、メラニンが上手く剥がれずに
肌に残ってしまいますが、これがシミ・ソバカスの原因になるのです。

 

 

 

確かにどれも怖いですね。

 

特にシミやソバカス、老化なんて女性だと特にきになりますよね。
ただ、これはどれも浴びすぎればということなので、正しく日光浴を
すればメリットがとても多いんです。

 

次は、日光浴のメリットを書いていこうと思います。

 


にほんブログ村 健康ブログ 病気予防へ

日光浴・紫外線のデメリットとは関連ページ

日光浴は、実は健康に良いうえに癌予防になる
最近はUVケアなど、紫外線を蔑むような広告やCMが多いのですが、実は非常に体に良い面があるんです。なんと癌予防にもなるのですが、これは日光を浴びることで体内でビタミンDが体内に生成されるからです。日本人は、建物の中で生活することが多いため、太陽光にあたる時間が少なくなり、結果ビタミンが不足しています。
日光浴でビタミンDが体内に生成される その効果とは
ここでは、日光浴によって体の中に作られるビタミンDの基本的な効果について説明していきます。ビタミンDと聞いて、何よりもまず思い浮かぶのが「骨を丈夫にする」という作用でしょう。今回はその部分について具体的に書いてみました。
ビタミンDには糖尿病予防効果!日光浴の効果1
日光浴によって体内につくられるビタミンDは、糖尿病の予防になります。ビタミンDは体内のインスリンの調整採用があるため、1型でも2型でも効果が認められています。浴びすぎはよくありませんが数十分時間をとって日光に浴びるのは、とても体に良いのです。
ビタミンDは高血圧の予防にも効果!日光浴の効果その2
ビタミンDには体に良い様々な効果があります。今回は高血圧の予防について書いていきます。実は高血圧の90%以上は遺伝によるものだということを知っていましたか?散々「塩分のせい」とか「運動不足」とか騒がれてますけど、じゃあどすればいいのって話ですよね。しかし、実はビタミンDが、この高血圧の予防になるんです。
インフルエンザや他の感染症に効果があるビタミンD!:日光浴の効果その3
毎年冬になればインフルエンザと騒いでいますが、実はその原因はビタミンDをとっていないから?日光浴の時間がなくなることによっての弊害だといえる部分もあるのではないでしょうか。
ビタミンDによる、がん予防効果:日光浴の効果その4
日光浴によるビタミンDのがん予防効果について書いていきます。皮膚がんの元として嫌われていた死太陽光が、適度であれば、ものすごく体に良いとうことがわかってきました。ここでは、日光浴による癌予防について本当に効果があるのかどうかを調べて書いてみました。
ビタミンDには乳がんの予防効果があることが明らかに!:日光浴の効果その5
実はビタミンDは乳がんの予防に効果的であるということが、科学的に証明されています。たった数十分日光にあたるだけで、リスクが減るというのは嬉しいですよね。ここでは、なぜ、日光浴によるビタミンDが乳がんに効くのかなどについて書いていきます。
日光浴に最適な時間と浴び方は?
「日光浴が体に良いのはわかったけど、肌が焼けるのは嫌」と女の人なら特に思いますよね。でも、そんなに浴びなくても大丈夫なようです。今回は、正しい日光浴の仕方について書いていこうと思います。