インフルエンザや他の感染症に効果があるビタミンD:日光浴の効果その3

 

たくさん紹介してきたビタミンDですが、インフルエンザ
などの感染症にも効果があるんです!

 

もう太陽は偉大ですね(^^)

 

 

 

インフルエンザとは?

インフルエンザもウイルスの一種ですが、
そもそもウィルスってなんなんでしょうか?

 

ウィルスとは、人間の体内に侵入して
人間の細胞に対して「自分の細胞を作れ」
命令して細胞を増やしていくんです。

 

なんだかカッコウみたいですね(^_^;)

 

インフルエンザは、そういったウィルスの中でも
呼吸器系で増殖するものです。

 

 

 

 

どうしてビタミンD?

そんなインフルエンザですが、どうやら
ビタミンDを摂取するのが予防になるようです。

 

なんでも免疫細胞がToll様受容体(病原体を認識するセンサー)を
活性化して、ビタミンDを増やすことで病原菌を殺す細胞を作りだし
体内に侵入した結核菌やウィルスを攻撃しているのです

 

つまり、ビタミンDは病原体への抵抗力が落ちないように
病原菌を殺す細胞(抗病原体蛋白質)を作り出すことに
よって免疫力をアップさせています

 

日光に浴びるだけで、ビタミンDを作り出し、こんなにも
良い効果があるんですね!

 

逆に、冬に風邪などを引きやすいのも日光が出ている時間も
日光の強さも弱まっていてを浴びる時間が減っているからという
のもいえるのではないでしょうか。

 

その他、感染症にも効果!

病原菌を殺すということで、ウィルスに限らず
さまざまな感染症の予防にも効果があるようです。

 

エネルギッシュで活動的な人って、体調を崩したり
しないイメージですが、いくつになっても外で運動したり
遊んだりしているからこそ、たくさんの日光を浴びて
抵抗が強まっているのかもしれませんね。

 

 

 

 

 

 


にほんブログ村 健康ブログ 病気予防へ

インフルエンザや他の感染症に効果があるビタミンD!:日光浴の効果その3関連ページ

日光浴は、実は健康に良いうえに癌予防になる
最近はUVケアなど、紫外線を蔑むような広告やCMが多いのですが、実は非常に体に良い面があるんです。なんと癌予防にもなるのですが、これは日光を浴びることで体内でビタミンDが体内に生成されるからです。日本人は、建物の中で生活することが多いため、太陽光にあたる時間が少なくなり、結果ビタミンが不足しています。
日光浴・紫外線のデメリットとは
まずは、日光浴による紫外線のデメリットを書いていきます。どんなものでもやりすぎは体に毒なように、日光浴も浴びすぎると様々な悪影響が体にあらわれてきます。ここでは、そんな紫外線の怖さやデメリットについてまとめてみました。
日光浴でビタミンDが体内に生成される その効果とは
ここでは、日光浴によって体の中に作られるビタミンDの基本的な効果について説明していきます。ビタミンDと聞いて、何よりもまず思い浮かぶのが「骨を丈夫にする」という作用でしょう。今回はその部分について具体的に書いてみました。
ビタミンDには糖尿病予防効果!日光浴の効果1
日光浴によって体内につくられるビタミンDは、糖尿病の予防になります。ビタミンDは体内のインスリンの調整採用があるため、1型でも2型でも効果が認められています。浴びすぎはよくありませんが数十分時間をとって日光に浴びるのは、とても体に良いのです。
ビタミンDは高血圧の予防にも効果!日光浴の効果その2
ビタミンDには体に良い様々な効果があります。今回は高血圧の予防について書いていきます。実は高血圧の90%以上は遺伝によるものだということを知っていましたか?散々「塩分のせい」とか「運動不足」とか騒がれてますけど、じゃあどすればいいのって話ですよね。しかし、実はビタミンDが、この高血圧の予防になるんです。
ビタミンDによる、がん予防効果:日光浴の効果その4
日光浴によるビタミンDのがん予防効果について書いていきます。皮膚がんの元として嫌われていた死太陽光が、適度であれば、ものすごく体に良いとうことがわかってきました。ここでは、日光浴による癌予防について本当に効果があるのかどうかを調べて書いてみました。
ビタミンDには乳がんの予防効果があることが明らかに!:日光浴の効果その5
実はビタミンDは乳がんの予防に効果的であるということが、科学的に証明されています。たった数十分日光にあたるだけで、リスクが減るというのは嬉しいですよね。ここでは、なぜ、日光浴によるビタミンDが乳がんに効くのかなどについて書いていきます。
日光浴に最適な時間と浴び方は?
「日光浴が体に良いのはわかったけど、肌が焼けるのは嫌」と女の人なら特に思いますよね。でも、そんなに浴びなくても大丈夫なようです。今回は、正しい日光浴の仕方について書いていこうと思います。