運動によるがん予防

ランニング

 

適度な運動は癌の予防効果があり、さらに癌に
かかった人の再発防止にも役立ちます

 

これは、米国がん協会や日本のがん研究センターでも、
「運動と癌」は関係があるという研究結果を発表しているので
確実な癌予防法の一つです

 

とは言っても

 

「知り合いが普段から適度な運動をしてたのに癌になってたよ」

 

という方もいらっしゃると思います。

 

これは、タバコ吸ってたほうがほうが肺がんの
リスクが高まるというのとおなじですね。

 

「100%癌にはなりません」とは言えないけど、
やらなくてもいいけどやった方が絶対にいい
そういうものです(^_^;)

 

 

 

こんな研究結果があった!

ただ、運動と癌についての本を読んだりすると、あっちの本には
「運動は癌に効果がある」と書いてあって、こっちの本には
「まだハッキリしていない」と書いてあって、何を信じたら
いいかわからない(´Д`)

 

と思うかもしれませんので、こういう研究結果が
あったよ!というのを載せておきます

 

 

これはアメリカでの調査なのですが、2987人を対象に
8年間というながい時間をかけて調べられたものがあります

 

それによると、3〜5時間のウォーキングに匹敵する量の
運動をしていた人たちは、乳がんの再発率が40%
乳がんによる死亡率が約50%低いと言うデータが
でました。

 

この調査結果によると、これ以上の運動をしたから
といって死亡率が下がるわけではないので、
普段からの適度な運動が体に良いようです。

 

ちなみに3時間のウォーキングでの消費カロリーは
約600kcalジョギングであれば、1時間半くらい
ですね。

 

毎日の生活で実践するにはちょっとしんどいですね( ´_ゝ`)

 

でも、これは乳がんの死亡率に限らず、いろいろな
死因での死亡率についても、同じように効果があるという
データがあります。

 

さらに、また別の調査なんですが、「大腸がんと診断されて
から運動を増やしたかどうか」などもちゃんと考慮にいれて
調査をした結果でうも死亡率が同じように下がっています。

 

詳細は長いので割愛。

 

とにかく長生きしたいなら日ごろから運動をこころがけていた方がよさそうすね

 

 

 

運動を始めるのがメンドウなあなたへ

「確かに、運動は体に良いというのはわかったけど、正直面倒だよ」
という方もいらっしゃると思います。

 

それに、心筋梗塞や喘息持ちの人。
お年寄りなんかは、そんなにバンバン運動できないし
逆に体に悪いのでは?・・・と言い訳を言っている人は

 

がん以前に、将来、体中にチューブを繋がれた
完全な寝たきり状態になってしまうかもしれません

 

ちょっと話がズレてしまいますが、人間の筋肉と
いうのは使っていなければスグに衰えてしまいます

 

筋肉というのは、体の機能にとっては厄介な存在
体ついているだけで、大量のカロリーを消費してしまいます。

 

「え、それの何がいけないの?」と思うかもしれません。

 

でも、これが食事には困らない現代の日本だったら問題ないですけど、
食べたくても食べれなかった数百年〜数千年前なら話は別です

 

カロリーを消費するということは「食べ続けなければいけない」ということです。

 

いつ獲物にありつけるか、食べ物が食べられるかわかない状態の
ときについている筋肉は、親に寄生するニートのように、カロリーを
消費し続けるだけの「体にとっては」邪魔者なんです

 

 

そこで体はどうするかというと、まず真っ先に
筋肉を分解していきます

 

脂肪が分解されるのはそのあとです。

 

これは、老若男女誰にでも当てはまることなので、
動かない老人は筋肉が退化して寝たきり
なってしまうのです。

 

怖くないですか?

 

運動したくてもできなくなるんですよ?

 

 

 

逆に無理にでもガンガン体を動かすと、
筋肉の機能が維持されます。

 

70代なのに、そこらの若者よりビュンビュン動く
空手の師範を私は知っています。

 

なにが言いたいかというと、

 

「体が痛いから」という理由で動かないのは
逆に体に悪んです

 

出来れば毎日運動することが望ましい
ですが、気付いたときにでも運動すること。

 

私は今、介護系のお仕事をしているんですが、
見ていると、脳梗塞で全身が動かなくなった
祖父を思い浮かべてぞっとしてしまうことがあります。

 

あなたは赤の他人にパンツをズリ下げられ、
一番見られたくない恥ずかしい部分
ゴシゴシ拭かれたいですか?

 

私は絶対に嫌です。
気をつけなければ(−−)

 

 


にほんブログ村 健康ブログ 病気予防へ